• 昆虫大学2016 in 横浜関内

    2016テーマ "KONKATSU~昆虫の婚活、そして人間の昆虫活動"

    昆虫大学は、昆虫その他の「蟲」のもつ多様な魅力をプロから学ぶ不定期開催イベントです。作家・芸術家・研究者・昆虫を生業とする人々を講師としてお招きし、虫と虫好きの異様な熱気に満ちた世界をチラ見せすることを目的とします。2012年にアートフェス「TRANS ARTS TOKYO」にとつぜん出展、以後は決まった学舎を持たず、さすらいの昆活(昆虫活動)をつづけています。

  • 開講概要

    昆虫大学2016の開催概要です。横浜・さくらワークス関内にて、2DAYS開催

    2016/12/17[土曜日]

    12:00-18:00 物販および展示
    19:00-21:00 昆虫夜学 

    (※事前予約制パーティ)

    講演・ライトニングトークあり

    2016/12/18[日曜日]

    11:00-18:00 物販および展示

    学費(入場料)

    ■昼の部:1,000円(2日間再入場可)

     ★高校生以下は入場無料です

     

    ■昆虫夜学:3,000円(1ドリンク込)要予約
    ※昆虫夜学チケットで、昼の部にも入場できます。
    ※昆虫夜学への入学は、Peatixで別途受け付けます

    (すでに満席のご予約を頂いています)

  • Access

    さくらWORKS<関内>

    http://sakuraworks.org/access/

    〒231-0012 横浜市中区相生町3-61 泰生ビル2FさくらWORKS<関内>
    ・JR「関内」駅 
    → 北口より徒歩5分

    ・みなとみらい線「馬車道」駅 → 7番出口より徒歩5分

     

    渋谷駅・品川駅・東京駅から、乗り換えなしでアクセス可能です。

  •  

     

     

     

  • ブース配置図

    配置は変更になる場合があります

  • 教授陣【昼の部】展示・物販

    (随時追加・変更あり)

    URBAN SAFARI

    厳しい世界を生き抜く力強さと知慮をあわせ持つ

    動物たちのアクセサリーブランド。

    虫をモチーフにしたフェルト作品やブローチを販売

    HP: URBAN SAFARI

    Twitter: @urbnsfr

    あまのじゃくと

    へそまがり

    革のカバン・リュック・巾着など、生きものをモチーフにした使いづらい実用品を作っています。

    HP: あまのじゃくとへそまがり

    Twitter:@amaheso_sp

     

    AntRoom

    アリの通販専門店。 アリを飼育するために、アリが快適に暮らせるような飼育方法や飼育容器の開発を努力しています。

    HP: AntRoom

    Twitter: @AntRoom_Taku

    いきもにあ

    いきものテーマの作品をつくるアーティスト、生物研究者など、あらゆる “いきもの” 好きが集まるクリエーターイベント「いきもにあ」オリジナルグッズを販売

    HP: equimonia

    Twitter: @equimonia

     

    いわたまいこ

    切り絵作家。プランクトンからクジラまで、生きもののもつ面白さや美しさを紙とハサミで表現します。

    HP: 切り絵作家・いわたまいこ

    Twitter: @mycof

     

    うみねこ博物堂

    神奈川県相模原市の博物系雑貨店。昆虫・鉱物・種子標本、自然科学関連書籍、和洋の古いもの販売。

    別レーベル「ひよこまめ雑貨店」では昆虫大学歴代校章も製作。

    HP: うみねこ博物堂

    Twitter: @umineko22

    尾園暁

    神奈川県在住の昆虫写真家。
    湘南や小笠原諸島をメインフィールドに、魅力あふれる生き物たちを撮りつづけています。会場にて、トンボ写真のパネル展示を行います。

    HP: 湘南むし日記

    Twitter: @PhotomboOzono

    川島逸郎

    昆虫を中心とした生物画を独習し、原著論文、学術書籍、児童書その他の挿画を手がける生物画家。昆虫の生態写真撮影も行う。今回は細密画の貴重な原画を展示。

    HP:御浦風物誌

    昆虫大学

    公式ブース(メレ山メレ子)

    昆虫大学の歴代校章入りオリジナルグッズ・学長メレ山メレ子の本『ときめき昆虫学』などを販売予定。今年は校章焼印も登場するかも!?

    Twitter: @konchuuniv / @merec0

    昆虫文献 六本脚 

    昆虫や自然に関する書籍・図鑑・雑誌・昆虫採集用品・標本箱などを扱う,昆虫関連の総合専門店。出展者関連書籍などを販売。

    HP: 六本脚

    昆虫料理研究会

    代表・内山昭一氏率いる昆虫食普及啓蒙団体。味や食感、栄養をはじめ、あらゆる角度から食材としての昆虫の可能性を追究。会場で昆虫食の調理・販売を行います。

    HP: 昆虫食彩館

    Twitter: @insectcuisine

    始祖鳥堂書店

    古生物を飼育する様子を描くSF短編小説集「Lv100」の本などを頒布します。 節足動物の回だけを集めた特別版も用意。 三葉虫を中心に化石の展示も行いますので、生きた虫だけでなく太古の虫も手に取ってみてください。

    HP: 始祖鳥堂書店

    Twitter: @M_A_F_

    樹液酒場 

    虫と酒をこよなく愛する虫屋T氏が、虫にちなんだ名前やラベルの日本酒を厳選して振舞います。

    Twitter: @shakuGpark

    ★12/17 16:00~開店★

    征矢剛

    金属造形作家・彫刻家。虫や生きものをモチーフにしたランプやギターアンプなど、生きものと金属の魅力を融合させた作品を製作。

    HP: 金属造形作家 征矢剛

    203gow

    風変わりな編み作品「へんなあみもの」を作り続けている。世の中全て編み物に見える。カラフルな色合いで小物から8mの大型立体物を編み制作。街中を編み物で埋め尽くす編み集団「編み奇襲団」主宰。

    HP: 203gow

    Twitter: @niimarusangow

    日本野虫の会

    なぜ野鳥の会があって野虫の会がないんじゃー!という魂の叫びと共に、フィールドや日常の中で使えるMADかつPOPな虫グッズを開発しています。今回はヤンキー寄り。

    HP: 日本野虫の会 WEB SHOP

    Twitter: @panchichi3

    はくラボ[大阪自然史センター​]

    自然とのつながりを広げ、深める窓口として、グッズ開発、書籍の出版、通信販売、イベント出店などに取り組んでいます。

    HP: 大阪自然史センター

    Twitter: @omnh_museumshop

    ピン・セイダイ

    (ピンセットサロン)
    ピンセットを愛するカメムシ研究者(通称:おぴんぴんおじさん)。ピンセットこれくしょんの展示と研ぎ実演(あなたのおぴんぴんも無料で研ぐぜッ!)。

    HP: ピンセットサロン

    Twitter: @calicius

    ふれあい昆虫館

    いろんな生きた虫とふれあえます。

    本物こそが絶対ィィィイイイEEEEEッ!

    お さ わ り

     し放題ッ!!!

    ・福富宏和(石川県ふれあい昆虫館)・熊谷直哉(石川むしの会)・前畑真実(伊丹市昆虫館)・長島聖大(伊丹市昆虫館)

    Twitter: @fuku_tamamushi @midori_leg @montachun @calisius

    堀川大樹(クマムシ博士) 

    クマムシ研究者。

    地上最強生物のキャラクター「クマムシさん」のグッズを販売。

    HP①: クマムシ博士のむしブロ

    HP②: クマムシさんのお店

    Twitter: @horikawad / @kumamushisan

    本多絵美子 

    主に木を彫って動物や昆虫を制作しています。 自然,生物観察が日課。
    今回は昆虫大学基調講演のテーマにちなみ、アダンソンハエトリの木彫作品「閑かな気配」を展示予定。

    HP: Emiko Honda website

    Twitter: @emikohonda

    マメコ商会

    昆虫テキスタイル界に革命を起こすべく、カタゾウムシ・ツノゼミ・ビワハゴロモなど、美麗な虫や奇虫をテーマにした服やバッグをタイにて製作・販売。大人っぽい柄とデザインにファン拡大中。

    Twitter: @mamekosato1

    丸山宗利

    (九州大学総合

    研究博物館)

    昆虫分類学者。ベストセラー『昆虫はすごい』など、一般にも昆虫の魅力を分かりやすく伝える書籍を多数執筆。当日はビワハゴロモや「きらめく甲虫」の標本展示を行います。

    HP: 丸山宗利研究室

    Twitter: @dantyutei

    政所名積

    (展翅屋工房) 

    昆虫標本作成業「展翅(てんし)屋工房」代表。博物館などに展示・収蔵する昆虫標本、個人の収蔵標本の作成を行う。当日は昆虫標本の販売および無料配布を行います(※配布は標本箱持参の方のみ)

    ★12/17のみ出展★

    みのむし商店 

    イラストレーター。カメや虫の愛らしいイラストグッズは、全国の動物園や博物館ショップで人気。手ぬぐいなどの虫グッズ販売するほか、上海で仕入れた「虫聞き」道具の展示を予定。

    HP: みのむし商店

    Twitter: @kameminoji

    ★12/17のみ出展★

  • 特別授業(ワークショップ)

    昼の部の時間限定プログラムなどを紹介します。入学時間の参考にしてください。

    ミニ編みくものドリームキャッチャー

    講師:203gow

    編み機を使用し、ドリームキャッチャーの円盤とミニ編みクモ胴体を作る。編み円盤にカラフルな毛糸を組みあせて結びフリンジ付けする。編みクモ胴体にモールで足を付けて完成。

    編めない方でもOK。
    (ドリームキャッチャー 円盤直径12cm・総全長30cm・編みクモ 全長 7cm)

    ▷所要時間
    約 40分~2時間以内 個人差あり

    ▷開催日時
    12月17日(土) 14:00~16:00
    12月18日(日) 11:00~16:00  (状況みて休憩挟む) 
    ▷参加費 お一人様
    2,500円(材料費・税込み)

    ▷参加人数 
    随時受け付け・予約なし。

    ▷対象年齢
    小学生以上~男女問わず

     

  •  

     

     

  • 教授陣一覧【昆虫夜学】

    基調講演

    刮目せよ! ~ハエトリグモの魅力と婚活事情~

    須黒達巳(すぐろたつみ):慶應義塾幼稚舎教諭

    ハエトリグモ研究者の須黒さんは、日本産ハエトリグモ全種採集の夢を追って全国をさすらった経歴の持ち主。モフモフつぶらな目の身近でかわいいクモのこと、皆さんはどれだけご存知でしょうか?今回は、そんなハエトリグモの魅力と意外な「婚活」事情について、たっぷり語っていただきます。

    著書:『世にも美しい瞳 ハエトリグモ』(ナツメ社)
    HP:ハエトリひろば

    Twitter:@haetorihiroba

    ライトニングトーク

    病みつき!? トンボ撮りへの誘い

    尾園暁(おぞのあきら):自然写真家

    神奈川県在住の昆虫写真家・尾園暁さん。特にトンボの生き生きとした生態写真の素晴らしさは群を抜いています。トンボの魅力、非常に難易度の高いトンボ写真の極意や苦労についてお話していただきます。

    著書:『日本のトンボ』(文一総合出版)『ぜんぶわかる!トンボ』(ポプラ社)など
    HP:湘南むし日記

    Twitter:@PhotomboOzono

    ライトニングトーク

    タイトル未定

    川島逸郎(かわしまいつろう):生物画家

    昆虫分類学者・丸山宗利先生をして「世界一の標本画家」と言わしめる、昆虫細密画界の至宝。ふだんわたしたちが目にすることの少ない標本画の世界とは、どのようなものなのか。写真による記録が主流となる中での、標本画ならではの価値とは?

    著書:『日本のトンボ』(文一総合出版)など
    HP:御浦風物誌

    ライトニングトーク

    ぼくたちが一生抱きしめるたからもの

    長島聖大(ながしませいだい):伊丹市昆虫館学芸研究員

    カメムシが大嫌いで「カメムシを根絶させる方法を探す!」と農学部に入学し、カメムシを研究しはじめたところその魅力に取りつかれ、今やすっかり虜になってしまった長島さん。ピンセットの達人「おぴんぴんおじさん」としても知られています。その昆虫活動に関するアツいトークに、あなたもやられてしまうこと間違いなし…

    著書:『日本の昆虫1400』(文一総合出版)など
    Twitter:@calisius

    ライトニングトーク

    虫と私の新昆生活

    佐伯真二郎(さえきしんじろう):NPO法人食用昆虫科学研究会 理事長 蟲ソムリエ

    「なぜ昆虫に食欲が湧かないのか」をテーマに研究を開始したが、食べたら美味しくて頓挫し「昆虫を美味しく食べる未来とは」に切り替えたという佐伯さん。今年の昆大テーマ「昆虫の婚活」に絡めて、「昆虫食」を含む新しい虫との共同生活「新昆生活」を提案していただきます。

    HP : NPO法人食用昆虫科学研究会

    Blog : 蟲ソムリエへの道
    Twitter:@Mushi_Kurotowa

  • 「昆虫夜学」チケット購入

    昆虫夜学は前売りチケット制となっております(すでに満席のご予約を頂きました)

  • 昆虫大学校歌

    School song of Konchu University

    (1番)
    幼き頃は 虫まみれ
    大人の今も 虫まみれ

    訝る視線 背(せな)に受け
    今日も進むは 虫の道

    学舎(まなびや)持たぬ 流浪の学徒
    ああ 我ら 昆虫大学

     

    (2番)
    灯りにたかる 蛾の如く
    集う我らの 多様性

    芸術家から 博士まで
    誇りも高き 少数派

    茨の道も 虫あればこそ
    ああ 我ら 昆虫大学

     

    (3番)
    好奇心こそ 生きる糧
    思考はいつも 斜め上

    虫への愛を 突き詰めて
    この人生に 悔いはなし

    イナゴはおやつ 蚕はペット
    ああ 我ら 昆虫大学

     

     

    企画:昆虫大学 / 学長:メレ山メレ子(@merec0)

    作詞:いそはえとり(うみねこ博物堂)(@umikneko22)
    作曲:森翔太(@morisatoh)
    編曲・録音:とくさしけんご(@tokusashi_kengo )

    歌:森翔太
    コーラス:とくさしファミリー・もぐお・silonica

  • 前回(2014)の様子

    昆虫大学2014の動画レポートです。

    今回も同じ会場ですので、参考にしてください。

  • Link

    当日の情報・ブース紹介などはこちらをチェック!

    ハッシュタグ #昆虫大学 #昆虫大学ついでにここ行っとけ も参考にしてください。

    @merec0

    ※学長のアカウントで告知を行います

    昆虫大学FacebookPage

  • 企画・運営

    ブロガー・エッセイスト。会社づとめのかたわら、たまに昆虫活動を行っています。

    著書『ときめき昆虫学』(イースト・プレス)『メメントモリ・ジャーニー』(亜紀書房)など

    Twitter:@merec0

    (共催)横浜コミュニティデザイン・ラボ